さらに実は・・・

このお弁当は一つ一つの具材に「春」をキーワードにした食材が使われており、こだわりがすごい!


白身魚の西京焼


まずは和食の王道、白身魚の西京焼。春はやっぱり、こういう淡くて上品な味わいのお料理が食べたくなるもの。お箸で身を割るとキュッと身が詰まっていて、上品なお味。ほんのり香る西京味噌が口の中に広がり、和を一層感じさせてくれました。


ちくわの磯辺揚げ、真丈、蓮根の天麩羅


それから今度は、お弁当の王道ちくわ磯部揚げ、彩り綺麗な南瓜入りの真丈、先が見通せる縁起物蓮根の天麩羅!春から縁起が良いですね!蓮根は、さっぱりして食べやすかった。ちくわも海苔の風味も感じられ、真丈はふわふわで南瓜の甘みがほんのりと感じられました。


春雨サラダ


そして春雨サラダにはとびこをあしらって華やかに。ちょっと甘辛で春雨の歯ごたえととびっこの食感がGOOD!さっぱりとした味で、安定した美味しさでした。


三色テリーヌ


そしてその名も美しい「花つつみ」という三色テリーヌ♪人参もモチロン花型に!そして桜麩だけじゃなく、花びら餅がひらひら舞って、お花見気分を盛り上げます!
三種の食材がそれぞれ感じられるブリブリした蒲鉾のような食感で、また煮物も素材の味がしっかりした上品な煮物でした。


桜胡麻豆腐


実は、デザートと思ったが・・・
桜胡麻豆腐はこの時期ならではの前菜!桜の花の塩漬けがのり、下には桜葉が敷かれ、薫り高くご満足いただけるハズ!桜の葉の塩漬けと一緒に食べるとより旨み味を感じることができ、桜の香り漂うスイーツのようでした。

さらに✖️2


お花見団子


デザートまでのこだわり!すごいの一言です。
やっぱり、お花見団子で決まりでしょう!三種の団子に三種の餡が入っていて風味深いデザートでした。これぞ、お花見のド定番、三色団子!
このお花見弁当(さくら)は、見た目も桜満開で目で楽しめ、味も素材そのものの味が直接伝わって、一つ一つの味が楽しめる春らしいお弁当でした。
 
今回は、神田明神下 みやびの日名田副店長にもちょっとだけインタビューしてみます。


日名田副店長とパン多


パン多「お花見弁当アワード1位おめでとうございます。今回のこだわりポンイトはどこですか?」

日名田副店長「蓋を開けた瞬間、満開の桜と華やかなお料理を目で楽しんでいただければと」

パン多「食べ方や食べる順番などありますか?」

日名田副店長「食べ進むうちに、特注透明インナーの向こうから桜の柄が顔を出します!」

パン多「最後に何か皆さんへ一言ありますか?」

日名田副店長「目も舌も、香りまでも桜を楽しめる自信作です。ぜひお試しください!」


第1回「パン多のためしてみた」は、いかがでしたか?ただただお花見弁当にフォーカスした情報を少しでも多く発信するためにやるしかない!
という使命感でお伝えしました!

こんな形で今後もおいしい情報を「パン多のためしてみた」で発信していきます。
ご期待ください!

【お花見弁当アワード2019】は→こちら


※2014年4月1日以降、消費税法の改正に伴い、WEBサイト内にて旧税率(5%)に基づく税込価格で表示されている商品のお引渡し、サービスの提供につきましては、 改めて新税率(8%)に基づき精算させていただきます。
あらかじめご了承くださいませ。

カテゴリー

最新の記事

カレンダー

72019

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

PAGE TOP