食道楽バイヤー パン多


今月は6月に続いて惣菜コーナーをパン多印100%で食レポしたいと思います。

さて、いよいよ暑くなってきて夏本番。うなぎの美味しい季節がやってきました。
私パン多は暑いのが大の苦手で、毎日ヒィー×2
暑さに「うな」されながら、頑張っています(汗)


暑いのが大の苦手なパン多


今回は夏本番というで「鰻の花方巻」を紹介していきたいと思います。

えっ?花方巻?恵方巻の間違い?でも恵方巻って2月では?
と皆さんも聞きなれない「花方巻」に困惑されたかと思いますが、
松坂屋上野店が今年初めて提案するメニューなのです。

花方巻とは、今年、隅田川花火大会の日と土用の丑の日が同じ日であることにちなんで、
花火を見ながら食べやすい“うなぎ”メニューをコンセプトに開発した、うなぎの巻き物メニュー。
花火の方角に向かって食べると縁起が良くなるようにという願いもあわせて「花方巻」と名付けられました。

近頃は「恵方巻」など食のイベントを楽しまれる方が多く、
「夏も新たな食のイベントで楽しんでいただけないか?食のムーブメントを起こせないか?」と惣菜担当が考案したのです。
「花方巻」が全国で広まったりしたら、考案者は、かっこいいですね・・・。

それはさておき、

さっそく色々な「花方巻」を私パン多が食レポしていきたいと思います。

まずは、〈古市庵〉から「ウナギの花方巻」です。


〈古市庵〉ウナギの花方巻 1本 税込864円 ※販売期間:7月27日(土)/本館地下1階


蒲焼のタレで味付けした酢飯の上に、宮崎県産うなぎの蒲焼、椎茸、玉子焼き、かんぴょう、きゅうりを載せて巻いた、1本税込864円とシンプルでありながらコスパが良いひと品です。
見た感じは、一番オーソドックスな巻物ですね。


ウナギの花方巻の美味しそうな断面です。


さぁ、いよいよ実食です。

一口食べると、タレが絡まった酢飯と紅生姜の相性が抜群!
うなぎのふんわりした食感ときゅうりのシャキシャキ感とのバランスが良い。
かんぴょうと玉子焼きの甘みもプラスされ、これぞ、これからの新定番!!
2本でも丸かじりでいけちゃいそうです。

次は、裏巻系な〈北辰鮨〉の「魚屋が作る鰻の花方巻」です。

土用の丑の日、花火を見ながら”花方巻”を食べよう!編〈その2〉はこちら


※2014年4月1日以降、消費税法の改正に伴い、WEBサイト内にて旧税率(5%)に基づく税込価格で表示されている商品のお引渡し、サービスの提供につきましては、 改めて新税率(8%)に基づき精算させていただきます。
あらかじめご了承くださいませ。

カテゴリー

最新の記事

カレンダー

72019

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

PAGE TOP