松坂屋上野店本館2階に10月31日(火)に新しくオープンする「上野HANARE」には、いま一番気になる美と健康についての様々なソリューションが詰まっています。
身体の中から外から、飲んだりつけたり、施術まで。そんなに色々詰まっているのなら、実際に試してみないとわからない。ということで、ファッションディレクターとして活躍する黒島美紀子さんと一緒に、開発秘話やら苦労話やら、そして何より試しての効能を、伺いに行ってきました。
今回は、静岡県掛川市からのブランド“スピルリナブルー”さんです。

皆さまは“スピルリナ”というものをご存知ですか?
この地球での存在歴、なんと35億年。
そうです、微細藻類という「藻」の一種。藻は動物性、植物性と分別されるそれ以前の生き物。そんな歴史の古い生物が我々の健康をどうやらサポートするらしいのです・・・。



〈黒島さん〉まず、このスピルリナブルーの商品ラインナップですが。

〈スピルリナブルー〉はい。我々は、静岡県掛川市という富士山の麓、水の美しい地域でこの「スピルリナ」という藻をビニールハウスの中での完全な管理下で培養し、特別なプロセスを経て、余計な青臭さなどをできるだけ排除し、殺菌もして、食用に最適な状態にしています。
お客様へは生のスピルリナを冷凍し、パウチした「タベルモ」いう商品と、スピルリナを低温乾燥させた粉末の「スピルリナスティック」という商品でご提供していきます。
現在はこの2種が主なラインナップになりますが、これからどんどん新しい商材を開発予定です。



〈黒島さん〉スピルリナは“スーパーフード”認定も取られていると伺いました。

〈スピルリナブルー〉第一次の藻のブームは1960年代でした。その頃クロレラが流行し、70年代にはスピルリナも注目されています。また、このところのスーパーフードブームでニューヨークセレブがこぞって取り上げたのがスピルリナです。
当社はブームとは関係なく、2013年から真剣にスピルリナの培養研究を始めました。

〈黒島さん〉親会社は全く食品とは関係ない自動車関係の会社なのに、健康食品であるスピルリナを取り上げられたのも不思議です。

〈スピルリナブルー〉はい。社内での新規事業提案としてこの事業が始まったので本業とは全く関係がありませんが、そもそもはこれからの地球に起こりうる危機に対応すべく、何か社会に貢献できることがないかと始まった事業なのです。

〈黒島さん〉これからの地球に起こりうる危機とは?

〈スピルリブルー〉食料危機です。2050年には地球人口が70億人から90億人に増えると予想されています。人口増加によって食料の供給バランスも大きく崩れると心配されていますが、来たるべき時代にむけて、より効率的に栄養を満遍なく摂取できるスーパーフード、それがスピルリナなのです。

〈黒島さん〉そうだったのですね。

〈スピルリナブルー〉人間はそれぞれ、体の中での足りない部分や不調な部分が少しずつ違います。個人によって特別に必要な栄養素がすこしずつ違うわけです。ただ、スピルリナには60種類もの栄養素がその中に含まれていると言われています。特に人間が生きて行くのに必要なタンパク質は60%も含まれているのが特徴です。 
スピルリナには人間が必要な栄養素をほぼ摂取することができる。また消化吸収率が95%と非常に高い。つまり、どんな方でも自分の足りない栄養素を補うのに適しているマルチ栄養素と言えるのです。
例えば、いま妊婦さんに必要と言われている栄養素に葉酸があります。これは人が体内で生成ができない栄養素です。これが多く含まれているのもスピルリナです。

〈黒島さん〉文字通りのスーパーフードじゃないですか!ではこの摂取方法は?

〈スピルリナブルー〉タベルモは冷凍食品になっていますので、流水解凍して、食べ物にまぜていただく。スティックは粉末ですので、そのまま摂取していただいても良いですが、粉っぽいかもしれません。スムージーやヨーグルトなどに混ぜていただくのをお勧めしています。
あまり高温で調理されると栄養素が死んでしまうことが多いので、なるべく常温での摂取を心がけてください。



〈黒島さん〉実際にスティックをいただいてみます。
あ、香ばしくて、抹茶みたいですね。全然青臭くはないです。むしろ美味しいかも。



〈スピルリナブルー〉よかったです!でもやはり粉末は摂取しにくいとも言われますので、現在飲みやすいカプセル入りなどを開発しています。
今はお客様の大半がお母さん世代で、ご自分が利用されて効果を感じるので、単身赴任中の旦那さんに渡したり、遠くに行っている大学生の息子さんやお嬢さん、葉酸の含有量が注目されているので妊婦さんにも喜ばれたり。そんな感じでジワジワ浸透していっています。

〈黒島さん〉実際の松坂屋上野店でのショップはどんな感じになりますか?

〈スピルリナブルー〉キッチンを併設し料理研究家の方とコラボレーションします!お店のスタッフはローフードマイスターの資格を持っています。なので、熱をあまり通さずにスピルリナの美味しい摂取の提案をしていきます。イートインもありますので、皆さんおいしくて健康なものを食べに来てくださいね。

〈黒島さん〉スピルリナの実際の食べ方を粉末とか以外に実体験できるのは嬉しいですね。スーパーフードと言ってもやっぱり美味しくいただきたいですし。
でも、こんなに人間の生活が進化してテクノロジーも整っているのに、やっぱり人間にとって必要なものは35億年も前から地球に生息していた、それも小さな生物の藻、なんて、生命の根幹に戻るようで不思議で、かつ妙に納得です。
本当に必要なもの、それは本当に前からそこにあるもの、なんですね。

【編集後記】
取材に応じてくださった方:掛川バイオセンター長 笹田さん/スピルリナブルー株式会社 マーケティングマネジャー 曽根さん



「スピルリナ」はその緑の中に含まれた栄養素の一つフィコシアニンが特に注目されているそうです。これがとても綺麗なブルーをしていて、そのブルーだけを抽出した商品も近い将来できそうです!楽しみです!

※生スピルリナの「タベルモ」は(株)タベルモ社の登録商標で、スピルリナブルーは(株)タベルモ社から販売委託契約をしています。


※2014年4月1日以降、消費税法の改正に伴い、WEBサイト内にて旧税率(5%)に基づく税込価格で表示されている商品のお引渡し、サービスの提供につきましては、 改めて新税率(8%)に基づき精算させていただきます。
あらかじめご了承くださいませ。

PAGE TOP